通販が宅配で商品を送るときの緩衝材

 通販サイトが宅配で商品を送るとき「ちょっと考えて欲しいなあ」と思うことがあります。増田勝利の脳大成理論 28日プログラム ネタバレ

それはどんなことかというと、荷物の緩衝材を必要以上に使い過ぎているときです。ブライダルエステ 名古屋 人気

 本来、宅配で商品を送るときにきちっと緩衝材を入れて送るということは、お客の目線で考えたとても素晴らしい配慮です。キャッシング

商品が宅配の衝撃によって壊れてしまわないようにするため、きちんと通販サイト側が商品を守るためにしていることです。街角探偵相談所

 しかし、たまにですが「緩衝材を入れすぎじゃないか」と思ってしまうことがあります。MVNOでSIMフリー

それは、商品はとても小さいものなのに、それをおさめるには大き過ぎるダンボールに入れ、隙間なく紙の緩衝材で埋め尽くされていたりします。叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ネタバレ

 そうなると、商品をしっかりと緩衝材で宅配の衝撃から守るというよりは、余った緩衝材を無駄に詰め込んでいるのではないか?と変に勘繰ってしまいます。看護のお仕事

緩衝材は結構かさばりますので、ゴミとして処分するのはなかなか手間です。フィット買取

 ですので、緩衝材を入れるという配慮はありがたいのですが、その量は多くし過ぎないようにして欲しいと私は思っています。川村明宏のジニアス記憶術

コンテンツメニュー

    Link