1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円

自動車に乗っている方であれば知っていると思いますが自動車税というものの納税義務があります。

そしてこの税金は、査定に出すクルマ売却時に普通に戻ってくるものなのです。

これについては少しやってみると理解できますが、それでは一つずつ流れを詳細に案内します。

あえて補足するならば国内の車だけに限らず外国の車などでも自動車税が還ってくる対象に決まっています。

これはクルマもそうですね。

自動車税という税金はクルマを持っている人が支払わなければならない税ですが、この金額は車の排気量によって規定されています。

1リッターより小さいのであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円。

これ以上は500ccずつ5000円ずつ増えていきます。

そしてこの税金は4月1日の時点のオーナーが以後一年分の自動車税を納付する決まりです。

要は前払いということですから勿論ですが愛車を手放して、所有権を手放した時などはその分の金額は還付されるというわけです。

この税は先払いでその年度の全額を納めますからその年度内にクルマを売った際は新しい所有者が自動車税を納めなければいけないということになります。

売却相手が中古車買い取り専門店であれば売却した際にあなたが支払いすぎたお金を返金してもらえます。

まとめると所有権を手放した時からの税額は入れ替わった保有者が支払わなければならないのです。

例えば10月中に愛車を売却したなら11月以降翌年3月の間までの自動車税は還付されます。

というのも、繰り返しになりますが自動車税という税金は一年分を先払いしているということからもわかります。

つまり、売却者は売却先に払いすぎたお金を返金してもらうということです。

業者を介さずに自動車を売却する場合には、意外とこのような重要なことを忘れている人がいますのでしっかり確かめるようにすることです。

自動車税がクルマを手放すと返ってくるということを意外に知らない人が多いからと言って、その事実を隠す業者も存在します。

こちら側から返金に関して言わなければ、一切自動車税のことについて触れないというケースもたびたび見受けられます。

なので愛車の買い取りを頼む場合は、払いすぎたお金が返ってくるか否かをチェックすることをおろそかにしないようにする必要があります。

コンテンツメニュー

    Link